特集ページ

世界のマダムのおしゃれスナップ展

独自の視点で女性を捉えつづけるNY の写真家、アリ・セス・コーエン氏。
そんな彼女が世界に飛びだし撮りおろした写真展「世界のマダムのおしゃれスナップ展 ~ Advanced Style 2 ~」がこのほど西武渋谷店にて行なわれました。
女性の生き方を見つめ直させてくれる……そんな素敵なイベントの内覧会の模様をお伝えします♪

ファッションが生き方を変える可能性があると思う。お洒落マダム達のSNAPを見ていると、人生考え直そうとう気持ちになってくる。
何故ならファッションは立派なコミニケーション。
人は、その人の服装からその人の日常をなんとなく察しているものです。その人を知る手がかりになります。例えば、カジュアルな服装の人に会ったら、「今日は、お休みですか?」なんて会話から始まります。会話の流れだって服装から始まる事が多いと思う。
ドレスアップしていたら、「何処かにお出掛けですか?」なんて会話から始まり、本当は、別の用事をこれから頼もうとして会いに行ったけど、「やっぱり今日は時間が無さそうだから、やめよう。」と相手の装いからして、言いたい事をやめたり、無意識に、服装から察してコミニケーションが進行しているものです。
ファッションには、自分の主張が表れているのです。マダム達のファッションのコミニケーションは凛々しくも気高く、そしてジョイフルやパワフルに溢れていて、素敵な方々ばかりです。
今の私のファッションは、一体何を語っているのだろうか。。。
将来の自分がどうありたいか考えさせられる写真展でした☆ (kanon)

スタイリストKeiさんコメント…………………………………………
ミラノでおしゃれミネラーゼと称して大人の女性やカップルのスナップ写真集が続々と出版されていますが、このアリの写真のインパクトと彼の人柄は他の誰よりも群を抜いています。
またそれを見た人びとをそれぞれのドラマやストーリーに引き込む魅力のあるストーリートスナップです。もちろん普通にファッションスナップとしてもカラフルで個性的でかなり楽しめます。(kei)

内覧会当日のアリのファッション
50 年代を思わせるようなパジャマファッションをスーツに見立ててチョウタイとシャツジャケットプラスし、ハットと靴で締めたラフだけど小粋なスタイルで登場! パジャマはペーズリーでテロッと感が気持ち良さそうでした。
ベアトリクスさんのトレードマークのヘアターバンに細身の20 〜30年代スタイルが彼女の体型にとても良く合っています。色味もいつもシックでそれでいて地味にはならず華やかなフレンチ風のファッションがより肌の美しさを強調していました。
あれだけのスタイルをキープするのは相当の努力があるのでは!?(kei)