特集ページ

原宿★お散歩日和

catgouseishasin

キャットストリートとは?

表参道から明治通りに平行に伸びるキャットストリートは、旧渋谷川遊歩道路(きゅう しぶやがわゆうほどうろ)の愛称。明治通りの宮下公園付近に始まって、表参道を横切って交番の手前から千駄ヶ谷方面に向かう通りです。

キャットストリートの昔と今

現在は歩道になっていますが、かつては渋谷川(隠田川)が流れていました。
歴史は古く、400年ほど前にはのどかな農村で忍者の隠れ里になっていたこともあるのだとか。この渋谷川は、童謡『春の小川』のモデルになったという一説もあります。
子どもの遊び場にもなっていた渋谷川ですが、1964年の東京オリンピックを境に一変。川の汚染が進んだため、川を埋め立て舗装し道路にしました。その後は以前から洋裁学校が多かったこの地に、洋服やアクセサリーのお店が増え、個性あるオシャレなお店が立ち並ぶようになりました。原宿が“ファッションの発信地”として若者向けの雑誌に取り上げられるようになってから、キャットストリートも“裏原宿(ウラハラ)”と呼ばれ、若者を中心に“オシャレの街”として知られていくようになったのです。
これからも成長を遂げていくであろうこの地を訪れるたび、私たちにまた新たな文化を教えてくれることでしょう。

ハイセンス・ストリートカジュアル&アイデアSHOPがいっぱい!

個性的でお洒落な専門店が多いのも、キャットストリートの特徴です。
くねくね曲がった歩道は緑も多く、のんびりとした散歩コースのように気持ちよく歩けます。ゆったり歩いていると、あなたの心をくすぐる個性的なお店に出会えるはず。立ち並ぶお店には、この地でしか出会えない自由な発想や文化があります。
キャットストリート一押しの“こだわりのひと品”をご紹介すると、職人が手作りで一粒一粒丁寧に作った“キャラメルの専門店”。伝統技法を大切にしながら、どこか斬新で思わず一目惚れしてしまう“手ぬぐい専門店”。ユニークさ満載のフレームと出会える“めがね屋さん”などなど。オシャレで面白さに溢れた個人商店のオンパレードなのです。
クリエイティブで個性的なお店では、こだわりあるデザイン性の高い商品や、一点物のヴィンテージ商品、ファッションのアクセントになる古着、独自の感性で古着リメイクをしているお店など、ひと味もふた味も違ったテイストの物を探せるので、オシャレに敏感な人たちには欠かせないスポットとなっています。また、民家をリノベーションしたショップがあったりと、散策しながら新たな発見ができるのも、人々に愛される理由のひとつです。

遊びごころで、自分スタイルを楽しもう

キャットストリートには、遊びごころがいっぱい! お店の造りもそれぞれこだわっています。そんな“こだわり”を発見するのも、キャットストリートを楽しむポイントのひとつ。原宿は美容室のメッカなので、ファッションを磨いていきたい人はオシャレを極めた彼らを参考にするのも楽しいはず。そして個人商店が多いので定休日もバラバラ。事前に定休日をチェックして行くのもお忘れなく!

ちょっと意外?癒しの場所・原宿で心も身体もリフレッシュ!

オシャレでファッショナブルという印象が強いですが、この地に住んでみると分かるのは落ち着きがあって癒されるということ。パワースポットで有名な明治神宮や、代々木公園、表参道のケヤキ並木、外苑の森……、都会の真ん中でありながらたくさんの緑に囲まれた環境なので、マイナスイオンをたっぷりと感じることができるのです。さらに区の条例で、高層のビルやパチンコ店などがなく、お店も比較的早く閉まるため、活気ある昼間の印象からは考えられないほど夜はとっても静か。山手線沿いにある街の中では非常に珍しいことなのです。癒し効果の高い広い公園や神社もあり、自由な発想が育つ環境は、子どもから大人まで、新しい気持ちや夢見るパワーをチャージできる場所。
「生活が単調でマンネリ化しているな〜」と感じている方は、ぜひ原宿を散策してクリエイティブな空気を感じてみてください。また新たな気持ちで生活をスタートさせられるはずですよ。